,

IMCO PELICAN

IMCO復活

現在のライターの世界基準を作ったIMCO(イムコ)。ボタンメーカーであった同社が、オーストリア・ハンガリー帝国時代の帝国政府の依頼に基づき、兵士のために作られたのがイムコのライター製造の歴史の始まりです。
戦場で生まれた経緯は、頑丈で使いやすいというイムコの特徴を決定づけました。洗練されたフォルムとクラシックさ、使いやすさが同居するライターは100年近くたった今も色褪せない魅力にあふれています。

現在でイムコ社はライターの製造から撤退し、日本の輸入代理店であった「柘製作所」が設計図ごとブランドを取得。日本品質の名品をラインナップするブランドに生まれ変わっています。

1968年販売の通称『バード』をペリカンとして復刻。当時、フォルムのモダンさと先進的な機構で、ライター業界を驚かせた名品。

すっぽりと手に収まる大きさ、手を引っ掛けやすいレバー、リッドを開くと同時に着火する機構もオリジナルモデルを再現。

梨地のボディは傷が目立ちにくく、工具を使わないで済むダイアル式の炎調整機構。オリジナルモデルを凌駕する軽さ。
フィールドに、普段使いに、手頃な値段も魅力です。

現在のライターの世界基準を作ったIMCO(イムコ)。ボタンメーカーであった同社が、オーストリア・ハンガリー帝国時代の帝国政府の依頼に基づき、兵士のために作られたのがイムコのライター製造の歴史の始まりです。
戦場で生まれた経緯は、頑丈で使いやすいというイムコの特徴を決定づけました。洗練されたフォルムとクラシックさ、使いやすさが同居するライターは100年近くたった今も色褪せない魅力にあふれています。

現在でイムコ社はライターの製造から撤退し、日本の輸入代理店であった「柘製作所」が設計図ごとブランドを取得。日本品質の名品をラインナップするブランドに生まれ変わっています。

1968年販売の通称『バード』をペリカンとして復刻。当時、フォルムのモダンさと先進的な機構で、ライター業界を驚かせた名品。

すっぽりと手に収まる大きさ、手を引っ掛けやすいレバー、リッドを開くと同時に着火する機構もオリジナルモデルを再現。

梨地のボディは傷が目立ちにくく、工具を使わないで済むダイアル式の炎調整機構。オリジナルモデルを凌駕する軽さ。
フィールドに、普段使いに、手頃な値段も魅力です。

PAGE TOP